日本で認められている薄毛治療薬

AGA治療で一番効果的なのは、ミノキシジルとフィナステリドを併用することです。

ミノキシジルは薄毛になってしまった場所の髪を生やす作用があり、フィナステリドは髪が抜けるのを抑える作用があります。

血流をよくすることで発毛を促すミノキシジル

ミノキシジルにはタブレットタイプと育毛剤のタイプがあります。
副作用が少ないのは頭皮に直接塗布をする育毛剤ですが、発毛効果が高いのは服用するタブレットタイプです。

ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われていたお薬から出来た育毛成分なので、血圧を下げる作用があります。
そのため副作用として、血圧が低下するため頭痛や動悸などの症状が表れる事があるため、心臓に持病のある方や高血圧で投薬治療を受けている方は注意が必要です。

抜け毛ホルモンの生成を抑えるフィナステリド

フィナステリドは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを生成する酵素の働きを抑える事によって抜け毛を食い止めます。
フィナステリドは、副作用に性欲減退や勃起不全といった報告がありますが、男性ホルモンの分泌を抑える作用はないため、気持ちの問題が大きいようです。
それよりも肝障害を起こす可能性があると言われているため、フィナステリドを服用している時は定期的に病院で血液検査を受けるなどして体調管理をした方がよいでしょう。

2つのAGA治療薬

ミノキシジルもフィナステリドも、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでは5段階評価でAランクとして評価されておりAGA治療に強く勧められると評価されている成分です。
発毛効果を期待するあまり、むやみに濃度の高いものを選ぶのではなく、自分の体調やAGAの進行度合いに合う濃度のものを適切に選んで、長期的に使用する事がAGA治療には重要です。