医薬品ミノキシジルの基礎知識

ミノキシジルとは

JU119_72A
ミノキシジルは育毛剤に使用する成分です。

血管拡張剤として開発された中で、発毛する効果が発見されたことから育毛用途に応用しています。
1960年代から開発が始まり、育毛成分として販売されたのは1980年代に入ってからです。

日本では市販品の育毛剤として1999年から販売されました。
当初は1%の濃度でしたが、現在は高濃度で使用できることから、ミノキシジル配合育毛剤には期待が寄せられています。
副作用リスク確認のため、厚生労働省でも追跡調査を行っており、安全性を確かめたうえで使用することが推奨されています。

医薬品として認可されているミノキシジル

ミノキシジルの特徴は、医薬品として内服したり、育毛剤として頭皮に付けるというように使用方法が柔軟であることです。

厚生労働省では内服を未承認としていますので、個人輸入を使って入手するのが主な方法です。
また、育毛剤は効果の高さが認められ、性別を問わずに使用できる特徴もあります。
女性用は濃度を抑えているので、性別に合わせた選択が望ましいでしょう。

服用する場合は低血圧などの藩王に注意が必要ですが、育毛剤は頭皮への効果がメインなので、内服薬よりは副作用がないと思って構いません。
念のため注意しながら使用すると良いでしょう。

ミノキシジル配合の育毛剤は、条件付き店頭販売をしています。
副作用リスクの解消と、十分な説明に納得してから購入できる特徴があります。

もう一つの育毛治療の認可医薬品フィナステリド

フィナステリドも育毛成分としては有名で、ミノキシジルとの併用も効果的だと言われています。
女性が使用できないフィナステリドと比較すると、ミノキシジルの方が自由度が高くなります。

また、日本でも1999年から販売されているため、利用者も多く副作用を把握しやすいのがメリットです。
ミノキシジルタブレットは個人輸入、そして育毛剤であれば国内で店頭販売しています。

男性向けにリアップ、女性向けにはリアップレディの商品名で販売しており、探しやすい育毛剤です。
リアップでも最古濃度が5%で、さらにミノキシジル濃度の高いミノキシジル系育毛剤を使いたい場合は、個人輸入で購入することになります。

使い分けを把握すると安心して利用できます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは血管拡張剤として使用することを目的としていたことから、内服するとダイレクトな反応を感じる方もいます。
血管が広がって高血圧を改善することを狙っているので、血圧が低下する反応が出る人がいます。
他には頭痛や手足のむくみ・しびれ、肌に赤みが出るなどの副作用も指摘されます。

リアップの使用で循環器疾患を持つ方が死亡したと発表されましたが、因果関係を証明するデータは現在のところありません。

ただし、厚生労働省でも薬剤師などの専門家が説明した上で販売することを求めていますので、確認すると安心だと考えて良いでしょう。
さらに専門家の意見を聞きたいなら、循環器科などのかかりつけ医に相談するようにしましょう。

安心して利用できるミノキシジル

ミノキシジルは国内でも入手しやすく効果への信頼度も高い育毛成分です。
内服薬として使用する場合と、高濃度の育毛剤を使用するときだけ体の反応に注意しておけば、特に不安を感じることはないでしょう。

手軽に購入出来て効果が高い点で、利用者からも高評価です。
育毛剤でも大一塁医薬品として薬剤師の説明を聞いた後の購入となりますが、専門家の意見を聞いてから検討できるので安全性は担保されていると考えて良いでしょう。

女性や子供が触れてはいけないフィナステリドより、管理が簡単なのもおすすめのポイントです。
女性におすすめの育毛剤はこちら → 女性用育毛剤比較

ジェネリックもあることから個人輸入できると、安価に継続使用できるので効果を焦るがないのもおすすめのポイントに挙げられます。